ワインに恋してときめいて in Okayama

いまだコロナ禍の収束は不透明ですが、この春4年ぶりにワインイベントを再開いたします。 岡山はここ数年ワイナリーも増え、同時に県民のワイン消費量も3年前より数倍に増加。 ワインと相性の良い食材の生産も多く、ワイン文化の醸成はこれからも大きな経済効果が望めます。

しかしながら、長引くコロナ禍によって良いワインを提供していた飲食店が継続を断念したケースも少なくありません。 せっかくの”岡山の宝”が知られないでいるのです。

ワインを愛する皆さまに少しでも活気を取り戻していただくため、ウィズコロナを念頭に、ワインを楽しみ、ときめくイベントを再開したいと思います。

ワインによって人と人が出会う、そこにドラマが生まれ、語り合う時間が生まれます。 そんな素晴らしい時間を共有出来るイベントに育てていきたいと思い、ワインに恋してときめいてinOkayama を開催いたします。

実行委員長 春木 香里


開催日時

会期

  • 2023年3月24日(金)18:00~21:00(前夜祭)
  • 2023年3月25日(土)11:00~20:00
  • 2023年3月26日(日)11:00~16:00

会場

岡山コンベンションセンター(1階イベントホールおよび屋外広場)

主催

ワインに恋して ときめいて in Okayama実行委員会


参加するワイナリー

※順不同


ワイナリー紹介

NIKI Hills Winery(北海道)

ホームページはこちら >

北海道・仁木町の豊かな自然の中でこの土地でしか造れないワイン造りを。
醸造施設やワイン畑に加え四季折々の花が咲き誇るガーデンも「五感を通じて感動をお届けしたい」。 そんな価値を創造しつづけるワイナリーを目指しております。


安心院葡萄酒工房(大分)

ホームページはこちら >

大分県宇佐市安心院町は霧深い盆地。「安心院葡萄酒工房」はこの地特有の温度差の激しい気候を活かし良質のブドウを育て、芳醇なワインを醸すワイナリーです。


domaine tetta(岡山)

ホームページはこちら >


せらワイナリー(広島)

ホームページはこちら >

全銘柄が世羅町産葡萄100%。広島県生まれの品種ハニービーナスをはじめとした日本産品種を中心に、世羅町産葡萄のポテンシャルを素直に引き出すワイン造りを行っています。
フルーティで香り豊かなせらワインをお楽しみください。


本坊酒造㈱ マルス穂坂ワイナリー(山梨)

ホームページはこちら >

日本有数の醸造用葡萄産地「韮崎市穂坂町」のワイナリー。 穂坂の自然環境が育む葡萄は「凝縮度が高く、腰の強い」味わいとなります。 最新設備で葡萄の負荷が少ない造りを行っています。


丹波ワイン(京都)

ホームページはこちら >

京都府京丹波町の里山にある私たちの小さなワイナリー。  京丹波町の里山は、美しい山と水があり、大地の恵みがあり、風土と共にいきる人たちがいます。 丹波ワインは、ワインを通じて京丹波町の風土と日本の食文化を伝えていきます。


カーブドッチワイナリー(新潟)

ホームページはこちら >

カーブドッチ(Caved’Occi)は新潟市街地から南西方向に車で約30分、日本海に沿ってのびやかに横たわる角田山の麓にあります。 見渡す限りの広大なぶどう畑に囲まれた一帯には、訪れた人がワイン造りの現場に触れ、ワインや料理を愉しみ、豊かな時間を過ごしていただけるような空間やサービスが揃っています。


コロニアルトレード(インポート)

ホームページはこちら >

ポストモダンナチュラルワインを中心とした良質なニューワルードワインの小規模輸入業者。 私たちの提供するワインのオーナーやワイナリー・ワインメーカーはまだ年数が若いですが、そのブドウ園は古い樹齢の木を持っています。

そのためそれらの品種も希少でユニークであり、オールドワールドクラッシックスタイルとニューワルード風味の融合を楽しませます。 この特別なワインは個人消費者への直接販売に焦点を当てて、日本の消費者にユニークな体験を提供することを目指しています。


酒のみむら

ホームページはこちら >


イベント内容(予定)

Mattトークショー

2023年3月25日(土)2回公演(各回45分)

  • 2023年3月25日(土)13:30~14:15
  • 2023年3月25日(土)15:30~16:15